好きなコト

vol.045 薄っぺらいメディアリテラシーは、もうたくさん。

何年ぶりだろう、自分から観たいと思える映画は。

熊本では先週末から上映がスタートしたので、昨日の夕方の回に足を運んだ。

サンロード新市街にある、老舗のミニシアター『電氣館』。

とにかく、ここの雰囲気が好きだ。

どんなに時代が変わっても、ここだけはなくなって欲しくない。

ココと長崎書店がなくなったら、熊本のPOPカルチャーは間違いなく終わると思う。

手書きの上映スケジュール。

2Fのカフェスペースは、映画ファンの社交場のような存在だ。

東海テレビが制作したドキュメンタリー映画『さよならテレビ』。

東北の震災のあとにつくられた自社CMで東海テレビの存在を知ったのだが、

とにかく、クリエイティブが秀逸だ。

『この性を生きる』

『見えない障害と生きる』

『いま、テレビの現場から』



どの映像にも、メディアとしてのとてつもない「覚悟」が感じられ、

作品を観る度に、心をえぐられるような感覚に襲われる。

このこじんまりした感じがいいんだよなぁ〜。

全席自由なのに加え、けっして観客数が多くはないので

始まる前に自分が観やすい席を探す。

座っては移動、座っては移動を繰り返し、ベスポジを確保。

映画の詳細について、細かくは書かないが、

テレビ局で働く、それぞれの立場での葛藤が生々しく切り取られており

緊張感とイライラ、共感が混じり合う素晴らしい映画だと思う。

“伝える”とは何か、メディアとして“本当に必要なモノ”とは何か?

タイトルに書いた「薄っぺらいメディアリテラシーは、もうたくさん」は、

本作品のポスターやチラシにあるキャッチコピー。

忖度や薄っぺらいメディアプライドでメディア人を気取っている

全ての広告業界関係者に観ていただきたい作品だ。

vol.044 百聞は一食に如かず前のページ

vol.046 画伯は、勝手に育つ。次のページ

関連記事

  1. 好きなコト

    vol.566 おかえり、SWITCH。

    少し前から旅に出ていた我が家のソファーが張り替えから無事帰還…

  2. 好きなコト

    vol.551 New Era

    時代を超えてカッコいい人たちっていうのは存在していて、時代が…

  3. 好きなコト

    vol.482 詠む

    家路まで10キロちょっとの遠回りこういう余白が…

  4. 好きなコト

    vol.400 発散。

    タバコも、酒も、ギャンブルもしない。ストレス発散といえば、…

  5. 好きなコト

    vol.229 アオハルかよっ!

    今日、社長(同い年)からバイクの納車記念でキーホルダーをもら…

  6. 好きなコト

    vol.194 頂き物を、いただく。

    ここ2週間ほど、根詰めて取り組んでいた仕事がとりあえずは一段…

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の記事

カテゴリー

  1. 好きなコト

    vol.008 1円でも高い、1万円でも安い。
  2. 好きなコト

    vol.251 念願の・・・
  3. 好きなコト

    vol.152 ウソみたいだろ、“ごみ”なんだぜ。
  4. 好きなコト

    vol.065 三年目の浮気。
  5. 家族のコト

    vol.106 おうちでキャンプ
PAGE TOP