好きなコト

vol.066 好きなことをやるための、遠回り。

勝手な憶測なので、事実とは違うかもしれないが

あくまで、ボクの中での見解。

大好きなアーティスト、「星野源」さんの話だ。

SAKEROCK時代の彼は、正直よく知らなかったが

最初は、“やさしい声でギターを弾き語る人”という印象だった。

『くせのうた(2010)』

何度聴いても良い曲だ。

日常の切り取って語りかける感じがたまらなく心地よい。

少しずつ人気が出てくるわけだが、

それに合わせて曲調もどんどんJ-POPへと傾倒していったような気がする。

『恋(2016)』

もちろん、やりたいことをやっているんだろうけど、

“流行”として取り上げられることに、少し残念な気もしていた。

「あぁ、どこまでこの人気続くのかなぁ」的な感じ。

『Pop Virus(2018)』

人気絶頂の中、投じた次の一手はまさかのブラックミュージック。

初めて聴いた瞬間、「ついに抜けた!」という感覚に陥る。

『さらしもの feat.PUNPEE(2019)』

勘弁してくれ、これ以上好きにさせてどうする。

ここまでくると、抱かれてよい衝動に駆られる。

『Ain’t Nobody Know(2019)』

影響力があるからこそ、触れづらいテーマにもあえて食い込む。

賛否両論あることがわかっていても、

日常の中で話題になること自体に価値があるんだ。

少し前までの“J-POPアーティスト”から、

“星野源”という、唯一無二のアーティストのポジションが確立された。

『私(2019)』

ここへきての、原点回帰。

もう素晴らしい以外の言葉が浮かばない。

広がりができたからこそ生まれる、『深み』と『説得力』。

もう、彼は止められないだろうな。

ダラダラと書き連ねたが、何が言いたかったかというと

星野源が、好きだ。

以上。

vol.065 三年目の浮気。前のページ

vol.067 キミはもう、“女性”なのだね。次のページ

関連記事

  1. 好きなコト

    準備万端

    明日からの嬉野遠征に向けてビデオカメラのバッテリーを追加新調…

  2. 好きなコト

    か・い・か・ん

    ここ最近、休日の朝ごはんでスパムおにぎりにハマっているのだが、…

  3. 好きなコト

    ハマりそうな予感・・・

    スーパーやホームセンターのレジ脇にあるCDとDVDのワゴン。…

  4. 好きなコト

    キンキンKINTOのぶらぶらタンブラー

    シンプルなデザインのタンブラーを探していて、好みのものがよう…

  5. 好きなコト

    vol.263 夢だけ持ったっていいでしょ?

    今日の朝日新聞の30段広告。1999年にリリースされたデビュ…

  6. 好きなコト

    何に使うん?

    行こうかどうか迷った挙句、MELTさんが出店されているとの情…

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

  1. 家族のコト

    さぁ、暴れてこい。
  2. その他

    繁忙期とはいえ
  3. くだらないけど、マジメな話

    vol.037 目で見る美味さは器から。
  4. 好きなコト

    vol.080 バナナなリーフの器を買う。
  5. 食べるコト

    vol.349 オヤジの昼メシ〜アジアンカフェれすとらんAKARENGA〜
PAGE TOP