好きなコト

vol.071 乗りたいクルマを並べてみた2020

大人になったら・・・とか、

お金持ちになったら・・・とか、

誰でも「こんな車に乗りたい!」みたいな夢や願望はあるはず。

とりあえず、お金のことは考えずに

乗りたい車を5台選んでみることにした。

第5位

KANGOO



今回、チョイスした5台の中で、唯一まともなやつだwww

旧型も現行車もどっちもデザインは好きで、

ボクの中で“ちょうどいいクルマNO.1”。

ファミリーカーとしても申し分ないので、

次に車を購入する際は、間違いなく候補になる一台。

第4位

Fiat500



ハタチくらいからこの車って言ってる気がするな。

とにかくこのビジュアル。

「可愛い」と言われたいオーラがハンパないが、

どんな時代でも色褪せないクラシックな感じが好きだ。

KANGOOと違うのは、

現行車よりも古い型の方が圧倒的に好みなところだろうか。

第3位

スバル360



Fiat500と系統は同じだが、

国産車というところに魅かれてしまう。

Fiatの全体的なバランスのまとまり感と比べて、

少し不格好な曲線が逆に愛らしい。

若い頃に心惹かれた、日産の「Be-1」や「パオ」もそうだったが、

昔の車にはそれぞれ個性があって

車を選ぶ楽しみがあったような気がするな。


第2位

UAZ2206



一台だけ毛色が違うが、コイツも最高にクールな一台だ。

もともとワーゲンバスが好きだったのだが、

THE BAWDIESというバンドのアルバムの表紙に使われたこの車を見て、衝撃が走った。

ソ連の軍事用車両として生産がスタートしたメーカーで

中身はアップグレードされているものの、50年以上外装は変わっていないらしい。

現在も新車として販売されているが、

これを自家用にするために家族全員を説得させる自信はないなwww


第1位

BMWイセッタ




完全に家族のことなど考えていない、堂々の一位はボクの中では不動の一台だ。

おそらく乗り心地は悪い、スピードは遅い、事故ったら即死など

現代の価値観とはまったく相反する車だろう。

ただ、今の車に圧倒的に欠けている“ワクワク感”がこの車には備わっている。

というか、ワクワク感しか備わってない気もするwww

数年前に、EV車として復活するという噂を聞いたのが、どうなったのだろうか?



やっぱ、いつ見てもワクワクする。

便利を求めるのではなく、不便を楽しめる心の余裕を持った大人になりたい。

“ゆとり教育”を推進してたはずが、

どんどん心にゆとりのない人間が増えてる気がするのは、

ボクだけだろうか?

vol.070 ハゲみになります。前のページ

vol.072 過度な自粛は、カラダに毒。次のページ

関連記事

  1. 好きなコト

    vol.580 今週もお疲れ様でした。

    明日は下の娘の子守りのため、有給を使って早めの週末。今週もお…

  2. 好きなコト

    vol.281 年に一度のドMの祭典

    今年も、いよいよ始まるドMの祭典wwwと言いつつ、明…

  3. 好きなコト

    vol.326 器が、好きなのです。

    蚤の市の翌日に訪れた、行きつけのリサイクルショップで改めて実…

  4. 好きなコト

    vol.299 手荷物

    なんとなく、進みたい方向が見えてきて、少しずつ自分の…

  5. 好きなコト

    vol.202 やっぱり、“プロ”が好き。

    外食をする上で、自分の中で決めていることがある。それは、“自…

  6. 好きなコト

    vol.123 蘊蓄を語るより、感性を磨け。

    YouTubeで、洋服屋を巡るチャンネルを好んで観ていたのだが…

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

  1. 好きなコト

    vol.435 事務用品中毒
  2. その他

    vol.533 求愛のダンス
  3. 好きなコト

    vol.058 感染より、観戦でしょ。
  4. 音楽のコト

    vol.300 青春の輝き
  5. 服のコト

    vol.372 逃走中と、ハンターベスト。
PAGE TOP