好きなコト

vol.071 乗りたいクルマを並べてみた2020

大人になったら・・・とか、

お金持ちになったら・・・とか、

誰でも「こんな車に乗りたい!」みたいな夢や願望はあるはず。

とりあえず、お金のことは考えずに

乗りたい車を5台選んでみることにした。

第5位

KANGOO



今回、チョイスした5台の中で、唯一まともなやつだwww

旧型も現行車もどっちもデザインは好きで、

ボクの中で“ちょうどいいクルマNO.1”。

ファミリーカーとしても申し分ないので、

次に車を購入する際は、間違いなく候補になる一台。

第4位

Fiat500



ハタチくらいからこの車って言ってる気がするな。

とにかくこのビジュアル。

「可愛い」と言われたいオーラがハンパないが、

どんな時代でも色褪せないクラシックな感じが好きだ。

KANGOOと違うのは、

現行車よりも古い型の方が圧倒的に好みなところだろうか。

第3位

スバル360



Fiat500と系統は同じだが、

国産車というところに魅かれてしまう。

Fiatの全体的なバランスのまとまり感と比べて、

少し不格好な曲線が逆に愛らしい。

若い頃に心惹かれた、日産の「Be-1」や「パオ」もそうだったが、

昔の車にはそれぞれ個性があって

車を選ぶ楽しみがあったような気がするな。


第2位

UAZ2206



一台だけ毛色が違うが、コイツも最高にクールな一台だ。

もともとワーゲンバスが好きだったのだが、

THE BAWDIESというバンドのアルバムの表紙に使われたこの車を見て、衝撃が走った。

ソ連の軍事用車両として生産がスタートしたメーカーで

中身はアップグレードされているものの、50年以上外装は変わっていないらしい。

現在も新車として販売されているが、

これを自家用にするために家族全員を説得させる自信はないなwww


第1位

BMWイセッタ




完全に家族のことなど考えていない、堂々の一位はボクの中では不動の一台だ。

おそらく乗り心地は悪い、スピードは遅い、事故ったら即死など

現代の価値観とはまったく相反する車だろう。

ただ、今の車に圧倒的に欠けている“ワクワク感”がこの車には備わっている。

というか、ワクワク感しか備わってない気もするwww

数年前に、EV車として復活するという噂を聞いたのが、どうなったのだろうか?



やっぱ、いつ見てもワクワクする。

便利を求めるのではなく、不便を楽しめる心の余裕を持った大人になりたい。

“ゆとり教育”を推進してたはずが、

どんどん心にゆとりのない人間が増えてる気がするのは、

ボクだけだろうか?

vol.070 ハゲみになります。前のページ

vol.072 過度な自粛は、カラダに毒。次のページ

関連記事

  1. 好きなコト

    vol.748 ティンBack

    年末にDICE factoryさんに出していたソールとインソ…

  2. 好きなコト

    vol.250 味噌天ZINE

    今日からスタートした、面白そうなイベントを覗きに街中に出かけ…

  3. 好きなコト

    vol.375 オヤジの昼メシ〜らーめん陽向〜

    県庁での仕事を終え、昼少し前に嘉島に着いたので定休日と知りな…

  4. 好きなコト

    vol.745 14時前に、大盛りを食らふ。

    懲りもせず、ありえないスケジュールのコンペにエントリーをしたため、…

  5. 好きなコト

    vol.449 追いかけたい背中。

    昨日、相当久しぶりに夜の街に出かける。会長と食事に行くのもど…

  6. 好きなコト

    vol.001 個人ブログ開設。

    今更ではありますが、個人ブログを開設しました。SNS…

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

  1. 好きなコト

    vol.254 ゴリゴリは、イヤだ。
  2. 好きなコト

    vol.312 Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭~
  3. 家族のコト

    vol.051 祖母、100歳。
  4. 仕事のコト

    vol.102 目的を把握してない働き方は、必ず失敗する。
  5. 食べるコト

    vol.681 一歩ずつ
PAGE TOP