仕事のコト

vol.179 同じことを聞き、同じことを言う。


コロナの自粛も弱まりつつあり、外回りも再開される中で

新人スタッフに同行して、新しい企業への飛び込み営業で痛感すること。


“広告代理店への期待値の低さ”


もう、新聞広告やテレビCMを出せばモノが売れ、人が集まる時代ではない。

いかに消費者のトレンドを捉え、クライアントの課題を見つけ、

商品と消費者が交わるであろう動線に、いかに効果的に情報を落とすか。

昔の非常識は、今では常識になり、

昔の成功例は、過去の栄光でしかない。

過去に縋っている人間に、未来はない。


聞こえてくるのは、

代理店に対する愚痴であり、不信感だ。

10言っても、5〜6しか返せないってどういうこと?

5〜6聞いて、12くらいで返すのがプロだろ。


クライアントの想像を超えてこそプロ。

だからこそ、安くはない金額を投入する価値がある。

広告屋なら、ワクワクさせてなんぼだろ。


これ以上、業界の価値を下げんなよ、マジで。


コロナのおかげで、本当に必要なもの、必要なこと、必要な人について

企業が真剣に考え始めたような空気感を感じる。


自分で自分のハードルを高くして、逃げ場をなくすのがボクの流儀だ。

「楽しかった。あなたのことは一生忘れないと思いますw」

今日、初めて伺った企業様に言われたこの一言を糧に、

明日も頑張ろう。




vol.178 Lily前のページ

vol.180 おかえり、ポラリス。次のページ

関連記事

  1. 仕事のコト

    vol.602 このゆび、と〜まれ。

    会社の第38期最終月ということもあり、なかなかなバタつきっぷ…

  2. 仕事のコト

    vol.963 縋ってみる

    このメソッドを知ったのは約1年前。いやぁ、怒涛の1年だったな…

  3. 仕事のコト

    vol.747 蝶で舞い、蜂の如く刺せ。

    昨年、願掛けもあって大事なプレゼンの際は蝶ネクタイをして挑ん…

  4. 仕事のコト

    vol.147 いつまでクライアントのスネ齧ってんだ。

    今週、あるクライアント様から、「今回の企画が、お客様をお断り…

  5. ひと言、物申す

    vol.050 Say no to spec

    広告業界あるあるの話。官公庁をはじめ、一般企業でもよくある“…

  6. 仕事のコト

    vol.140 石橋は、砕ける寸前まで叩いて渡る。

    企画書を見た後輩から、「なんか、原田さんっぽくないっすね」と…

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

カテゴリー

  1. その他

    vol.646 県境を跨ぐ
  2. 家族のコト

    vol.665 こりゃもう、血だな。
  3. 服のコト

    vol.1013 染まらぬ男の、染める秋。
  4. その他

    vol.125 馴染みの味
  5. 食べるコト

    vol.531 オヤジの昼メシ 〜 味のシマダ 〜
PAGE TOP