仕事のコト

vol.602 このゆび、と〜まれ。



会社の第38期最終月ということもあり、

なかなかなバタつきっぷり。

これまでになかった組織改革も同時進行で行われていることもあり、

緊張感のある毎日を送っている。



コロナの影響もあって、広告離れは加速しているし、

地方にもマス離れ、WEBシフト、内製化、コストカットみたいな言葉を

身近に感じるようになってきた。



そんな中でも、ご指名でお声掛けいただく機会をもらえたり、

協力いただけるクリエイターの皆さんとの輪が少しずつ広がっているのは

本当にありがたいことだと思う。



企業⇄広告会社⇄クリエイターが

win=win=winの関係でなければ、良い仕事とは言えない。

ビジネスとして儲けを考えることはもちろん大事だが、

それ以上に、この三者のバランスをとることが

長く良い仕事を続ける最低条件だと考えている。



部に課せられた、プチゲロしそうな目標を頭に置きながら、

来期の構想を考えていたのだが、

なぜだか、不安よりもワクワク感のほうが勝っている。

磨けば必ず光るはずの原石があって、

あとはどう磨くか、誰と磨くか、光った先で何を見出すか。



来期は、広告会社としての真価が問われる勝負の年。

他社と比べたり競ったりしてる暇なんてない。

自分たちが目指す道を、只管に突き進むのみだ。



クライアントのメリットは考えず、手間のかからない「マス」を「枠売り」して

クリエイティブは短納期、低コストで外注。

しっかり自社の利益だけは確保して、月末の請求書だけは遅延なく郵送みたいな。

そんなクソみたいな業界はさっさと潰れてしまえばいい。



クライアントが求める成果を把握し、目的を理解する。

あらゆる角度から物事を捉え、しっかりと結果にコミット。

いかにクライアントの近くで伴走できるかがポイントになるだろう。



言葉の響きはキライだが、「コンサル」っぽい動きになっていくのは間違いない。



なんか、またダラダラと書いてるな。。。

要するに、企業もクリエイターもワクワクできて

「このゆび、とーまれ」でみんなが集まってくれるような環境を

作っていかないといけないなという話でしたm(__)m



“背伸びはしても、浮き足立つな”

FORKパイセンの言葉をしっかり胸に刻みながら、

地に足をつけて来期も頑張ろう。




vol.601 VF Live:DJ Mihoko前のページ

vol.603 カリカリ、トロッ。次のページ

関連記事

  1. 仕事のコト

    vol.636 秋分は、プチゲ●な気分♪

    企画書提出の前日が祝日ってどうやねんと思っていたが、ある意味…

  2. 仕事のコト

    vol.054 片道32分、企画の旅。

    昨日は、とあるイベントに参加すべく久しぶりに熊本駅へ。…

  3. 仕事のコト

    vol.070 ハゲみになります。

    たまには真面目な話を。10年の営業を経て、会社でゼロから立ち…

  4. 仕事のコト

    vol.259 ハイパーメディアクリエイター

    この業界の人って、立場が偉くなればなるほど肩書きがよくわから…

  5. 仕事のコト

    vol.572 シコる系男子

    職業柄、服装には気をつかう方だ。個人的な意見だが、見た目がダ…

  6. 仕事のコト

    vol.081 そこに費やした時間と、注いだ情熱は、必ず相手に伝わる。

    最近、仕事をしていてつくづく感じることがある。「これでいい」…

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

  1. くだらないけど、マジメな話

    vol.188 ピンチの時こそ、笑え。
  2. バイクのコト

    vol.534 失敗を成功にする工夫
  3. 音楽のコト

    vol.490 ダディ・ダーリン
  4. 家族のコト

    vol.463 親も成長
  5. 仕事のコト

    vol.029 はじまりと、おわりの日。
PAGE TOP