好きなコト

vol.608 アラフォーオヤジが選ぶ好きなTVドラマ全6選




久しぶりに、ただただ好きなものを並べてみるシリーズでもやってみるか。

以前、書こうと思って写真だけはアップしてたんだけど、

なかなか手つかずで後回しにしてて、気づいたら忘れてたwww



早速いってみよう!


『未成年』

自分の思春期と、ドラマの内容が見事にリンクした青春そのもの。

カーペンターズを知ったのもこのドラマだった。

あの時代のいしだ壱成ほど輝いてる俳優は今後も出てこないだろうな。


『ラブジェネレーション』

実は20代の中頃まで、完全にキムタクにかぶれていた(笑)。

中でも、このドラマはポーターのブリーフケース、ロレックスのエクスプローラー、

ハリウッドランチマーケットのニットカーディガン、レッドウィングの8166。

とにかく出てくるファッションアイテムが秀逸すぎたな。

今振り返ると、広告代理店という仕事を始めて知ったドラマだったかも。


『恋ノチカラ』

これまた広告のドラマ。

制作会社からの視点だったが、クライアントのミッションに

クリエイティブで応えるという点は、今のスタイルの方が似ているかもしれない。

何よりも深っちゃんが可愛いすぎる。


『池袋ウエストゲートパーク』

クドカンにハマったきっかけ。

ゴリゴリ影響を受けやすいミーハータイプなので、

ベースボールキャップを被ったり、喋り方がキングみたいになってた気がするwww




『探偵物語』

この人ほど、カッコいい男はいない。

指が長いせいか、タバコを吸う所作がおそろしく美しかった。

ハードボイルドではなく、ハートボイルド。

工藤俊作の元ネタとなった(!?)フィリップ・マーロウの名言は、

今でも自分の芯の部分に残っている。


If I wasn’t hard,
I wouldn’t be alive.
If I couldn’t ever be gentle,
I wouldn’t deserve to be live.


タフでなければ生きられない、
優しくなければ生きる資格がない。




『問題のあるレストラン』

なんで最後これやねんって感じだが、FODに加入してまで観ているドラマ。

今考えると、すごいキャスト。

高畑充希のぶりっこキャラは、最高に腹が立つ(笑)。


ってことで、書き始めたらまだまだ紹介したいドラマも出てきたので、

また改めて書きたいと思う。




vol.607 最低限の愛情前のページ

vol.609 旅支度次のページ

関連記事

  1. 好きなコト

    vol.538 ぬくもりを、買う。

    今日、とある取材で人吉の鍛冶屋さんを訪れる。豪雨からもうすぐ…

  2. 好きなコト

    vol.152 ウソみたいだろ、“ごみ”なんだぜ。

    生まれて初めてクラウドファンディングで支援をさせてもらったB…

  3. 好きなコト

    vol.151 外遊びレベルUP

    昨晩、仕事から帰ると巨大な荷物が・・・一昨日の深夜のハイテン…

  4. 好きなコト

    vol.624 禁断の扉

    ボクには、“趣味”と呼べるものがない。男で言えば「時計」とか…

  5. 好きなコト

    vol.061 歴史を、飾ろう。

    少し前に、天草にある九州活版印刷所さんで、『OLD NEW』という商…

  6. 好きなコト

    vol.124 おパパごと。

    四六時中、母親といるせいで休みの日も二人の子どもたちは「お父…

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

  1. バイクのコト

    vol.344 ハゲてもカッコえぇ親父でいたい。
  2. 家族のコト

    vol.137 絵具とBarと変なおじさん
  3. 好きなコト

    vol.458 長い間、お世話になりました。
  4. 家族のコト

    vol.170 カニカマ男とハミガキ女。
  5. 仕事のコト

    vol.081 そこに費やした時間と、注いだ情熱は、必ず相手に伝わる。
PAGE TOP