家族のコト

vol.732 命の尊さを知る



昨晩21時過ぎ、嫁の悲鳴にビックリして駆け寄ると

キッチンに置いている水槽の金魚がひっくり返って浮いている。



3年前の夏祭りですくった金魚。

4匹のうち、3匹は早々に死んでしまったが、

この1匹だけは3年も生き続けてくれた。



まだ、呼吸はしていたので調べてみると、

どうやら「転覆病」という病気らしい。

ここ数日、急に冷えて水温が変化したことや

えさの消化不良など複数の原因が重なったようだ。



急いで水槽からバケツに移し替え、

塩を入れて「塩浴」をしてみる。

できることは少ないかもしれない。

でも、できることはすべてやろうと息子にも話した。




「頑張れ、頑張れ」と、

泣きながら声をかけ続ける息子。



物事の判断がきちんとつくようになって

「死」というものを目の前にするのは初めてのことだ。

一時間ほど経過し、なかなか状態が回復しないため

息子と嫁は先に寝ることに。


寝室から、息子の大きな泣き声が聴こえた。


遅かれ早かれ、誰しも必ず死は訪れる。

朝起きて、もし金魚が逝ってしまっていたら、

親として何と声をかけよう?

残されたリビングで一人、そんなことを考えていた。



そこから、さらに30分ほど経った頃

息子の声が届いたのか、

少し動きは鈍いものの金魚が正体に戻っている。

「よく頑張ったな、ありがとう」と声をかけ、

自然と涙が溢れた。




今朝、心配そうに起きてきた息子に笑顔が戻る。

寝起きの40歳のスッピンはコンプライアンスに抵触するためモザイクで対応w




生き物を飼うということ。

それは、大切な命を預かるということなんだということを

息子も感じてくれたと思う。



絶対に、個人の一時的な好き嫌いで命を預かってはいけない。

そこに必要なのも、やはり「覚悟」なんだよな。




「明日、みはら(←金魚の名前)のことを絵日記に描こうと思う」と息子。

7歳の冬、一生忘れないくらいの経験をしたかもね^^

他人にやさしく、命を大事にする人になってくださいm(__)m




vol.731 息子オサレ化計画 vol.001前のページ

vol.733 Virtual Insanity次のページ

関連記事

  1. 家族のコト

    田舎の特権かな?

    明後日は、息子の小学校の運動会。今年のプログラムを見てみたら…

  2. 家族のコト

    ただいま、おかえり

    出来の良い息子でも、稼ぎの良い夫でも、優しい父親でも…

  3. 家族のコト

    vol.774 ご乱心ガール

    おい、娘よ。はみ出しちゃったのかい?食べたかったのか…

  4. 家族のコト

    vol.198 幹太、6歳。

    7月12日、息子・幹太の6歳の誕生日。気づけばもう6年か・・…

  5. 好きなコト

    チームワーク

    約30年前に卒業した母校へ、本日、下の娘が無事入学。…

  6. 家族のコト

    はぁ〜?

    最近、父親に向かってこういう顔をするようになった5歳児。…

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

カテゴリー

  1. 好きなコト

    vol.113 「っぽい」感じ。
  2. その他

    vol.439 振休なワタシ
  3. 家族のコト

    vol.737 屠蘇の儀
  4. 音楽のコト

    味噌汁とバター
  5. 食べるコト

    vol.015 ロールなキャベツを拵える
PAGE TOP