服のコト

vol.897 冷めぬ服欲



14歳、中学2年生で街デビュー。

通町筋のバス停で下車し、上通〜並木坂のてっぺんまで

古着屋を片っ端から巡っては、掘り出し物を探しまくる。

その場で即決はせずに候補リストに入れて一旦スルーし、

並木坂の先にあったこむらさきで、

チャーシューメンとおにぎりを食べながら検討。

最終的に、欲しかったアイテムがあるお店へ戻るというのが

中学生の時の買い物のルーティンだった。

(※東京古着日和っぽいなwww)


バティック、サロン、ペニーズ、シール、ドルフィン、ユニオンetc…

一番好きだったのは、ジャンクストレージというお店だったな。


大学〜30歳くらいまでは、自由にお金を使えたこともあり、

古着は一旦卒業して

世間一般でいう“良いモノ”を身につけることが多かった。

洋服屋さんとも仲良くなることが多かったので、

細かな知識や歴史を学んだのもこの時期だった気がする。


30代前半で結婚〜子どもができてからは

それまでのように数万する服を新品で買うというよりは、

リサイクルショップで探すことが多くなった。

若いころからたくさんのモノを見てきたおかげで、

目利きのセンスだけは自然と養われているように思う。


30代も後半になったあたりから、

買った服をリサイズやリメイクするようになる。

ブランド品を“着させられてる”よりも、

自分にあったサイズ、着こなしができてる方がカッコいい。


2万のデニムを補正もせずに穿くよりも、

1万のデニムに、1万の補正を加えた方が

間違いなく自分らしく穿きこなせる。

出す金額は一緒でも、

側から見た時にどっちがカッコいいかという話。



うんちくなんぞどうだってよい。

「内側のタグを見たら、年代がわかるんだよね」

内側のタグなんか、誰も見ないのだw




セカストで見つけたKEYのワークシャツ。

試着してみたら・・・ビックリするくらい似合ってましたやんwww

これから半袖×短パンでいこうって季節に、

厚手のヒッコリーの長袖・・・梅雨時期までは気合いで着てやる!


5,000円しないくらいで買えたので良かったのだが、

ワークシャツのくせに襟にプラスチックの芯が埋め込まれてることが判明。

スルーしてもよかったけど、せっかくならストレスなく着たかったので

上通りのクイックリフォームさんで

襟を一旦解体してプラ芯を抜いてもらうことにした。


見た目は全然変わらないけど、

着てる人間からすると着心地が全然違う。

永く着ることを考えれば

1,500円の補正代くらいは安いもんだ。


洋服のことを書き出すと、止まらなくなってしまうので

今日はここまで。

また面白いことを企てているので

そちらも近いうちにブログに書こうと思う。




vol.896 お行儀、直しました。前のページ

vol.898 思い出の味次のページ

関連記事

  1. 服のコト

    vol.413 腐ってもバイカーなのです。

    ずーっと、欲しかった。ずーっと、悩んでた。ついに手に…

  2. 服のコト

    vol.459 ベテランと、オールドルーキー。

    サラリーマンだからというわけではないが、靴が汚い人が嫌いだ。…

  3. 服のコト

    vol.471 圧倒的、30mm。

    裾幅21.5cm→18.5cmの裾幅補正が完了。穿いてみて、…

  4. 服のコト

    vol.372 逃走中と、ハンターベスト。

    2020年は、古着に回帰した年だった。中学生でファッションに目覚め、…

  5. 服のコト

    vol.509 男は黙って膝上

    先日買ったTシャツに合わせるショーツが欲しくなった。2〜3年…

  6. 服のコト

    vol.849 “手間をかける”というこだわり。

    先日購入したSUNNY SIDE UPのデニム。サイズとカラ…

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

  1. 食べるコト

    VOL.887 食すを作る
  2. 食べるコト

    vol.103 そのまま食べないわがままさ
  3. バイクのコト

    vol.285 取り扱いに困る。
  4. 食べるコト

    vol.681 一歩ずつ
  5. 仕事のコト

    vol.431 目的が違う。
PAGE TOP