服のコト

vol.033 なぜ、裾丈に命をかけない!?

どうも、人生を裾丈に捧げた男です。

いくつになっても、洋服熱が冷めることはないのだが、

年を重ねるにつれ、服に対する考え方は変わってきている。

10代はどっぷり古着で、今考えると当時の古着屋に散々ぼったくられたなwww

(今となっては良き思い出だ・・・金返せ)

20代前半は完全にブランド志向。とにかく金がかかる。

20代後半〜30代前半になんとなく好きなスタイルがわかってきて

流行よりも自分らしい格好ができるようになった。

35歳を超えたあたりから、新品を定価で買うよりも、

リサイクルショップやオークションで安価で購入した洋服を

補正屋で自分のサイズにリサイズして着ることが楽しくなる。

10,000円の新品のデニムを買うよりも、

7,000円の中古品を、3,000円かけてリサイズするといった感じだ。

結果、かけている金額は同じだったとしても、

自分にあったサイジングになっている後者のほうが

穿き心地や愛着が圧倒的に違う。

「ブランド」よりも「サイジング」を重要視するってことだろうな。

先日、購入したピケのパンツ。

久しぶりに細身なシルエットで少々緊張する(汗)。

裾幅18cmは少し前のトレンドだろうか?

(今はメンズでも16cmとか聞くもんな)

女性は、あまり裾上げの文化がないというのを以前聞いたことがあるが、

男で補正せずに穿けるなんてのは、スラッと背が高くて足が長い、

芸能人で言えば、東出昌大・・・やめておこう。

(ネットニュースにあった「隠れ浮気系男子」って、何やねん!!)

とにかく、

せっかく良いパンツでも裾がダボついてると

それだけで「着させられてる」感が出てカッコよく見えないので、

1cmだろうと気になれば補正に出す。

今回は約4cmの丈詰め。これで印象は劇的に変わるはずだ。

ここで終わらないのが、洋服バカ。

デニムでもないのにチェーンステッチで仕上げる。

通常のシングルステッチと違い、こうすることで洗濯したときに

生地に「捻れ/ヨレ」がうまれ、昔の風合いが出て雰囲気が良くなるのだ。

正直、ホワイトのパンツをチェーンステッチにして

「その裾の仕上げ、素敵ですね」なんて声をかけられる可能性は皆無だが、

それで良いのだ、それで〜良いのだぁ〜。

洋服なんて、ただの自己マンですから。


A VONTADE Slim Jeans – Bedford Cloth – ※ARCH HERITAGE別注
購入価格/3,000円(メルカリ/送料込み)
補正料金/1,300円(チェーンステッチ)

vol.032 「牛丼が安い」と、「安い牛丼」は違う。前のページ

vol.034 オヤジの昼メシ〜ピノッキオ/PINOCCHIO〜次のページ

関連記事

  1. 服のコト

    vol.765 完敗

    自分用に買ったベースボールキャップ。息子に被せてみたら…

  2. 服のコト

    vol.298 フレンチでミリなスモッカーズ。

    出会いは突然やってくる。前々から欲しいとは思っていたものの、…

  3. 服のコト

    vol.442 息子に完敗

    自分用に買ったキャップ。昨年のモデルだが、デザインがかなりカ…

  4. 服のコト

    vol.787 古着日和な記念日

    光石研さんが出演されているPenのオリジナルドラマ『東京古着…

  5. 服のコト

    vol.398 シューキーパーのある暮らし

    今年は、これまでできてなかったことをやる一年にしたい。その第…

  6. 服のコト

    vol.913 変態レベル、上昇中。

    カスタム、自作と「ないものは作れ」精神が日に日に増している今…

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

カテゴリー

  1. ひと言、物申す

    vol.050 Say no to spec
  2. 先人の教え

    vol.282 先人の教え〜ディーター・ラムス〜
  3. 家族のコト

    vol.130 STAY HOMEな、子どもの日。
  4. くだらないけど、マジメな話

    vol.083 ど真ん中にストレートを放り込める度胸
  5. 服のコト

    vol.715 標準が合わない男
PAGE TOP