ひと言、物申す

vol.050 Say no to spec

広告業界あるあるの話。

官公庁をはじめ、一般企業でもよくある“コンペ”というやつ。

「企画」や「アイデア」を複数の会社から寄せ集め、

最もよかったところの内容を採用するというものだ。

「様々なアイデアの中から、一番良いものを選びたい」という気持ちはわかる。

ただ問題なのが、多くの場合、そこに対する対価は支払われないということ。

「自己負担」ってやつだ。

この業界にどっぷり10年以上過ごしていると麻痺してしまうのだが、

他の業界に置き換えてみると、それがいかにおかしなことかがよくわかる。

カナダの広告代理店 Zulu Alpha Kilo が少し前に制作して

世界的な議論にも火をつけた動画。

“私は、最善のパートナーを見つけたいと思っている”

“スペックワークとして、あなたのサービスを無償で提供してほしい”

“気に入れば、その対価をあなたに支払います”

普通に考えたら、頭がおかしいとしかいえないこの行動も、

広告業界の中では「普通」のことだったりする。

要は、「発注側」が圧倒的に正義で、「受注側」が従うのが当たり前といった構図だ。

10年の営業経験の後、プランナーというクリエイティブ畑で6年を経て思う。

アイデアやデザインをゼロ→イチで生み出すのは、

並大抵のことではできない。

そこへ費やす時間、より良いものをと携わってくださる人たち・・・

タダなわけねぇだろ。

やると決めたらとことんやる、それがプロだ。

一方で、もっと良いパフォーマンスを出すための環境を作ることも重要。

今すぐ変わることは難しいが、

少しずつでも「受注側」が、当たり前の声を上げていかなければと思う。

win-winってそういうことだよね?

ボクはただ、

みんなで楽しく、結果を出す仕事がしたいだけなんだよ。

vol.049 オヤジの昼メシ〜RESTAURANT Tiger Man〜前のページ

vol.051 祖母、100歳。次のページ

関連記事

  1. 仕事のコト

    vol.895 バイク通勤

    朝・晩のバイク通勤が気持ち良い季節。週末から天気崩れそうだか…

  2. 仕事のコト

    vol.431 目的が違う。

    写真や文字の置き方、フォントの種類が気に入って購入。…

  3. 仕事のコト

    vol.081 そこに費やした時間と、注いだ情熱は、必ず相手に伝わる。

    最近、仕事をしていてつくづく感じることがある。「これでいい」…

  4. 仕事のコト

    vol.147 いつまでクライアントのスネ齧ってんだ。

    今週、あるクライアント様から、「今回の企画が、お客様をお断り…

  5. ひと言、物申す

    vol.167 存在意義の話。

    愚痴とかではなく、ここ最近純粋に思っていること。広告制作に携…

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の記事

カテゴリー

  1. 音楽のコト

    vol.616 ごめんね・・・
  2. バイクのコト

    vol.227 時速50キロの贅沢
  3. 好きなコト

    vol.368 ゆこう、光の世界へ。
  4. 家族のコト

    vol.332 公園を餌に、寿司を食らう。
  5. DAD COOK

    vol.481 オヤジの串刺し
PAGE TOP