仕事のコト

vol.054 片道32分、企画の旅。

昨日は、とあるイベントに参加すべく久しぶりに熊本駅へ。

商業ビルに、オフィスビル、しゃもじの撤去とロータリーの整備で

駅前は絶賛てんやわんや中。

かと思いきや、駅に入るとこの有様・・・。

ランチタイムというのを差っ引いても、さすがにこの状況はちょっとヤバい気がする。

インプットをしばらく休んでたこともあり、

よく考えたら、年明け初めての福岡。

最短だと、福岡まで32分。

距離の壁はどんどんなくなっていくな。

さっきの熊本駅と比べ・・・たくない人の量。

「目指せ博多駅!!」なんて戯言は口が裂けても言えない。

熊本出身の編集者・秋吉健太さん(Yahoo!JAPAN/カケルラボ代表)が、

業界の第一線で活躍するトップクリエイターを招き、

その人の考えや実践していることを紹介する

「Creator’s thinking!FUKUOKA」というイベント。

第3回となる今回は、株式会社GOの三浦崇宏さんが登壇された。

(※株式会社シーアールさんのFacebook記事から引用)

最前列で聴いていたのでわからなかったが、

主催の方の記事によると、70名を超える参加者だったようだ。

熊本で同じスキームで開催した場合、

有料のセミナーにこれだけの人が集められるかと考えると「?」だ。

広告に限らないかもしれないが、

熊本は、圧倒的に『学びの場』が足りない。

今回は、「PR思考」と、最近出版された著書「言語化力」の話だったが、

とにかくスピード感あふれる濃厚こってりな話の連続だった。

用意されてない質問に関して、すぐに返せるというのは、

しっかりと自分の中にブレない芯があり、

常に反応できるような、戦闘態勢にあるということだろう。

ゆるっと構えて、ズバッと刺す。

ロジカルかつ、情熱的に、クライアントの課題に同じ方向を向いて考える。

まさに、ボク自身が目指すところだ。

今回も、良きインプットをありがとうございました。

あとは、どう自分の中で咀嚼し、身に付け、アウトプットするかだな。

vol.053 今さら“デザート”ジロー前のページ

vol.055 我が人生の、テーマを語ろう。次のページ

関連記事

  1. 仕事のコト

    vol.070 ハゲみになります。

    たまには真面目な話を。10年の営業を経て、会社でゼロから立ち…

  2. 仕事のコト

    vol.193 愛だろ、愛っ。

    本当の意味でのプロフェッショナルのスピード感とリーダ…

  3. 仕事のコト

    vol.179 同じことを聞き、同じことを言う。

    コロナの自粛も弱まりつつあり、外回りも再開される中で新人スタ…

  4. 仕事のコト

    vol.321 夢を語って何が悪い?

    今日、お客様から「原田さん、私たちは“世界”を目指してますか…

  5. 仕事のコト

    vol.284 終わったと思うか、始まったと思うか。 

    ここ数年で、仕事をするスタンスが大きく変わった。「マス」の「枠」を売…

  6. 仕事のコト

    vol.109 在宅ワーク、はじめました。

    今日から、試験的にリモートワークがスタート。以前も書いた通り…

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の記事

カテゴリー

  1. バイクのコト

    vol.278 冬支度
  2. 好きなコト

    vol.194 頂き物を、いただく。
  3. 家族のコト

    vol.210 72 & 62
  4. 家族のコト

    vol.149 #Enjoy Home
  5. 食べるコト

    vol.075 オヤジの昼メシ〜らーめん・やすきち〜
PAGE TOP