好きなコト

vol.092 愛すべき名店シリーズ 〜ONE PLUS ONE〜


熊本にも、たくさんの『セレクトショップ』というのが存在して、

数年前に比べると、“オシャレ”や“カッコいい”、“カワイイ”みたいな商品が

一つの店で手に入るようになったのはありがたいことだ。

ただ、そういう店が増えすぎたせいか、

「コレってあそこの店でも見たな」という“カブり”が出て、

お店としての『個性』が失われているように感じる。

『ONE PLUS ONE』


ボクが知っている中では、熊本で一番と言っていいくらい

個性とセンスに溢れた「リサイクルショップ」だ。


話は少し変わるが、ミッドセンチュリーを代表するイームズのスタジオ兼ご自宅。

物が少ないわけではないのに、全体のバランスがすっきりまとまっている。

ミッドセンチュリーがあり、植物があり、民藝品があり、

雑多な中にも統一感がある・・・まさにボクの中での理想的な住まい。



古いものから、新しいものまで、

年代を超えたさまざまな商品が無造作に置かれている感じは、

どこかイームズハウスと通じるところがある。

(※少し大袈裟かもしれない・・・w)



しかも、このお店の最大の特徴は、「リサイクルショップである」と言う点だ。

新品しか取り扱わない店であれば、売り切れても次回入荷があるだろうし、

なかったとしても、他の店を探せば手に入れることができる。

ただ、ココは買い逃してしまうと一生出会えないかもしれないという

一期一会的な楽しさがあり、古着屋で掘り出し物を探す感覚に似ている。


窯元かと思うくらいの陶器の数。

特に小鹿田焼は大好きな器の一つでもあるので、

SNSでオーナーの入荷情報を見るたび心が躍る。


日々の暮らしに音楽は欠かせない。

超絶レトロなレコードたちも並ぶ。

以前、音楽好きの方から「レコードにハマると沼だぞ」という話を聞いたので

このジャンルは、現時点では見なかったことにする(笑)。


ホテル日航関係者の方、お祭りごとにいかがだろうか?


伺ったこの日も、同じ地域のお店のオーナーさんがいらっしゃって、

阿蘇をどうやって盛り上げようかとワクワクするトークが繰り広げられていた。

やっぱり、やらされてるのではなく、自発的に行動するというのが大事なんだ。

そして、面白い人のところには自然と面白い人が集まる。

オーナーさんとは5年以上のお付き合いになるが、

ボクにとっては「人生の師匠」のような存在だ。

モノが溢れ、個性が失われつつある今だからこそ、

本当に良いモノを見極める“審美眼”を養わなければと思う。

『ONE PLUS ONE』は、そんなことを教えてくれる数少ないお店だ。


vol.091 オヤジの昼メシ〜馬力屋〜前のページ

vol.093 DAD COOK 〜皿うどんを拵えてみた〜次のページ

関連記事

  1. 好きなコト

    そういう次元ではない

    この季節になると、いろんな会社から届くカレンダーの数々。…

  2. 好きなコト

    vol.464 やっぱ鎮さんが好きだ。

    昨年の番組終了まで、フリースタイルダンジョンにどハマりしてい…

  3. 好きなコト

    vol.1070 三脚三本

    先日のブラックフライデーに便乗し、前々から気になっていたミニ…

  4. 好きなコト

    vol.175 疫病退散から、商売繁盛へ。

    昨日、熊本のコピーのお師匠にお願いをしていた巷で噂のコイツを…

  5. 好きなコト

    用の美

    民藝運動の創始者、柳宗悦さんが称えたという“用の美”。単体で…

  6. 好きなコト

    vol.714 心の浄化

    今週もお疲れ様でした。通常業務に加え、年末年始の作業も重なる…

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

  1. 家族のコト

    vol.429 極悪夫の作戦成功
  2. 食べるコト

    アーリオ・オーリオ・ホリニシンチーノ
  3. 好きなコト

    気分転換
  4. 好きなコト

    VOL.675 残したい技術と伝統がある
  5. その他

    VOL.132 三文って、おいくらかしら?
PAGE TOP