音楽のコト

vol.098 笑う花


カッコいいオッサンは好きですか?

“カリフラワーズ”というバンドがとにかく好きだった。

ボクにソウルミュージックを教えてくれたのは間違いなく彼らだ。

それまで聴いていたJ-POPとはひと味もふた味も違う、

流行に左右されない大人の音楽がそこにあった。




そのフロントマンが熊本出身のナカムラ氏。

初めて彼の歌声を生で聴いたときは衝撃だった。

唯一無二とはまさにこのことだ。

カリフラワーズ解散後に組まれたバンドが“モアリズム”。

よりダイレクトに、より男臭く、これぞジャパニーズブルース。


遠回りするのさ。
どんな道草にも花は咲く。


こんな時期だからこそ、

地に足をつけ、しっかりと前を向いて

花が咲くのを待とう。




vol.097 オヤジの昼メシ〜上村うなぎ屋〜前のページ

vol.099 テメェの脳ミソで、考えんかい。次のページ

関連記事

  1. 音楽のコト

    vol.578 じゃむ(feat.iri)

    ここ数日、自分の不甲斐なさにピリついている。やらない…

  2. 音楽のコト

    vol.178 Lily

    何をかくそう、Dragon Ashが大好きだ。NHKで「陽は…

  3. 音楽のコト

    vol.469 テレフォン・ナンバー

    ここ最近、シティポップブームがきているようだが、やっぱこの時…

  4. 好きなコト

    vol.700 革命

    なんだ、コレ。野狐禅に初めて出会ったときくらいの衝撃。…

  5. 好きなコト

    vol.861 STILL 火ノ国SKILL

    https://www.youtube.com/watch…

  6. 音楽のコト

    vol.733 Virtual Insanity

    いやいや、25年前にこのセンス。あの時も、今も、そし…

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

  1. 服のコト

    vol.145 プラマイゼロのスノーピーク
  2. 家族のコト

    vol.575 73/63
  3. 好きなコト

    vol.734 こねこね、びよーん、パクッ。
  4. その他

    vol.872 もう、絵じゃん。
  5. くだらないけど、マジメな話

    vol.238 現代における、リビングの役割とは?
PAGE TOP