その他

vol.111 あの日を忘れない。


初めて「死ぬかもしれない」と感じたあの日。

嫁と幼い息子を連れ、割れた食器の中を着の身着のまま駆け出したあの日。

余震が続く中、旧家に住む両親はダメかもしれないと覚悟したあの日。

もう4年・・・まだ4年。


当たり前だった日常は、当たり前ではないことを知った。

どんな状況であれ、生きているということは奇跡なのだ。


もちろん、前に進むために自分で決めたことだったが

100年間、我が家を守ってくれた家が崩れていく様子を見たときは

しばらく言葉が出ず、自然と涙がこぼれた。

あの日を忘れない、忘れてはいけない。

短い人生の中で、大地震を2回、世界的感染病を経験するなんて

凄い時代を生きてるなと改めて感じる。

マイナスに捉えるのではなく、後世にどう伝えていくべきか。

今を生きる人間としての使命なのだと思う。




vol.110 オヤジの昼メシ〜SADWICH Eatton〜前のページ

vol.112 あと10年のお付き合い。次のページ

関連記事

  1. その他

    vol.488  数年ぶりに・・・

    家で晩酌。ほろよいで泥酔・・・今日の日はさようなら(…

  2. その他

    vol.139 投函完了

    マスクはよかけん、こっちは早よ来い。…

  3. その他

    vol.241 宮崎くん、ありがとう。

    昼前に、仕事で市役所へ。書類を提出した後、久しぶりにスリラン…

  4. その他

    vol.120 開いてるけど、開いてない。

    昨日、某キャラクターの撮影で城彩苑へ。実際、足を運ぶのもプラ…

  5. その他

    vol.764 厄な男

    昭和57年生まれ、俗に言う“前厄”というやつか。数年間止まっ…

  6. その他

    vol.512 第一歩

    今朝の朝刊に掲載されていた記事。ボクが通っていた母校の義務教…

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

  1. 食べるコト

    vol.728 オヤジの昼メシ 〜 中華食堂 栄耀 〜
  2. その他

    vol.505 晩酌、はじめました。
  3. 家族のコト

    vol.415 3時のバレンタイン
  4. くだらないけど、マジメな話

    vol.182 家路に着くまでの、幸せな時間。
  5. 家族のコト

    vol.232 夏休みっぽいことをする。
PAGE TOP