その他

vol.111 あの日を忘れない。


初めて「死ぬかもしれない」と感じたあの日。

嫁と幼い息子を連れ、割れた食器の中を着の身着のまま駆け出したあの日。

余震が続く中、旧家に住む両親はダメかもしれないと覚悟したあの日。

もう4年・・・まだ4年。


当たり前だった日常は、当たり前ではないことを知った。

どんな状況であれ、生きているということは奇跡なのだ。


もちろん、前に進むために自分で決めたことだったが

100年間、我が家を守ってくれた家が崩れていく様子を見たときは

しばらく言葉が出ず、自然と涙がこぼれた。

あの日を忘れない、忘れてはいけない。

短い人生の中で、大地震を2回、世界的感染病を経験するなんて

凄い時代を生きてるなと改めて感じる。

マイナスに捉えるのではなく、後世にどう伝えていくべきか。

今を生きる人間としての使命なのだと思う。




vol.110 オヤジの昼メシ〜SADWICH Eatton〜前のページ

vol.112 あと10年のお付き合い。次のページ

関連記事

  1. その他

    いよいよ終わった・・・

    電池が切れて以降、しばらく放置していたBRAUNの時計。…

  2. その他

    vol.512 第一歩

    今朝の朝刊に掲載されていた記事。ボクが通っていた母校の義務教…

  3. その他

    vol.914 梅雨、あけましておめでとう。

    苗を植え終わったばかりの田んぼは、空の青や、雲の白、…

  4. その他

    vol.314 いたって平熱ですが・・・

    なんだか疲れたので、さっさと寝ます。ということで・・・…

  5. その他

    vol.988 秋のミーハー祭り

    プライベートはがっつりマイウェイ。仕事モードだと、流…

  6. その他

    物が減らせない男

    夏場に国内2泊なのに、なんでこんなに荷物が多いんだ、オレは・…

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

  1. 食べるコト

    頭でわかってはいるが・・・
  2. バイクのコト

    vol.478 埋めたい派
  3. 好きなコト

    for Daughter
  4. 服のコト

    vol.765 完敗
  5. 家族のコト

    vol.634 画伯2号爆誕。
PAGE TOP