その他

vol.111 あの日を忘れない。


初めて「死ぬかもしれない」と感じたあの日。

嫁と幼い息子を連れ、割れた食器の中を着の身着のまま駆け出したあの日。

余震が続く中、旧家に住む両親はダメかもしれないと覚悟したあの日。

もう4年・・・まだ4年。


当たり前だった日常は、当たり前ではないことを知った。

どんな状況であれ、生きているということは奇跡なのだ。


もちろん、前に進むために自分で決めたことだったが

100年間、我が家を守ってくれた家が崩れていく様子を見たときは

しばらく言葉が出ず、自然と涙がこぼれた。

あの日を忘れない、忘れてはいけない。

短い人生の中で、大地震を2回、世界的感染病を経験するなんて

凄い時代を生きてるなと改めて感じる。

マイナスに捉えるのではなく、後世にどう伝えていくべきか。

今を生きる人間としての使命なのだと思う。




vol.110 オヤジの昼メシ〜SADWICH Eatton〜前のページ

vol.112 あと10年のお付き合い。次のページ

関連記事

  1. その他

    vol.241 宮崎くん、ありがとう。

    昼前に、仕事で市役所へ。書類を提出した後、久しぶりにスリラン…

  2. くだらないけど、マジメな話

    vol.226 希望の光、発車します。

    昨日、ランドセルの展示会に行く前に仕事で熊本駅を訪れていた。…

  3. その他

    vol.512 第一歩

    今朝の朝刊に掲載されていた記事。ボクが通っていた母校の義務教…

  4. その他

    vol.287 境目

    昼間はクライアントの動画編集。帰ったら、自分のYouTube…

  5. その他

    vol.301 こんな日も、あるさ。

    会食から帰り、リビングのドアを開けて驚愕。家族の姿はない。…

  6. その他

    vol.498 それでも時間は過ぎてゆく

    仕事柄、企業様を相手にすることがほとんどなので、その先にいる…

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

  1. 好きなコト

    vol.476 有終の美
  2. 好きなコト

    vol.527 無いなら、作れ。
  3. 家族のコト

    vol.273 我が子ながら、我が子だから。
  4. 家族のコト

    vol.267 おかえりのブルース。
  5. DAD COOK

    vol.128 DAD COOK 〜ナポリタンを拵えてみた〜
PAGE TOP