仕事のコト

vol.147 いつまでクライアントのスネ齧ってんだ。


今週、あるクライアント様から、

「今回の企画が、お客様をお断りするほど反響が出ました」という

直筆のお手紙をいただいた。


別のクライアント様からは、

「無事補助金の申請が採択されました。一緒に良い仕事にしましょう」という

ご連絡をいただいた。


涙が出るほど嬉しい反面、責任のある仕事を任せていただけることに

改めて身の引き締まる思いがした。


お金をかけずに情報を発信できる環境がこれだけ充実し、

プロでなくても訴求力のある人が増えている。

そんな時代に、

「広告にお金を使ってください」ってどうなんだろう?

それよりも、

「無駄な広告にお金を使わないでください」っていう方が

クライアントの利益に繋がるんじゃないだろうか?


間違いなく、広告の観点だけで解決できる問題ではなくなっている。

時代の流れに抗うことなく、

いかに自然に溶け込み、自身のポジショニングを行うか。


こういう話を、同業者と話せないのが残念でならん。




vol.146 15%前のページ

vol.148 手首が、さみしい。 次のページ

関連記事

  1. 仕事のコト

    vol.749 勝って兜の緒を締めよ

    今日は、年明け一発目のプレゼン。昔ほどやみくもにエントリーす…

  2. 仕事のコト

    vol.206 第一次ジョブズ化計画。

    洋服は、カジュアルだけでなくスーツも好きで季節はもちろん、打…

  3. 仕事のコト

    vol.179 同じことを聞き、同じことを言う。

    コロナの自粛も弱まりつつあり、外回りも再開される中で新人スタ…

  4. 仕事のコト

    vol.1040 歴史と伝統

    今年の秋は、八代ざんまい。本日は23日の妙見祭に向けた…

  5. 仕事のコト

    vol.654 One Idea

    “個性を出す”って何かを付け足すことではなくて、削ぎ落として…

  6. 仕事のコト

    vol.021 37歳、コピーライター2年目突入。

    一昨年、宣伝会議のコピーライター養成講座に通わせてもらった。…

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

カテゴリー

  1. 音楽のコト

    vol.682 Forget-me-not
  2. 仕事のコト

    vol.781 これまで、これから。
  3. 服のコト

    vol.976 復活の鼓動
  4. その他

    vol.630 復活
  5. 食べるコト

    vol.201 オヤジの昼メシ〜酒菜家 吾ノ倉庫〜
PAGE TOP