音楽のコト

vol.166 もう一度


これまでの人生の中で、

“音楽”で世界を変えれるかもしれないと感じた瞬間が何度かある。

そういう時って、歌が上手いとか、下手とかは正直どうでもよくて、

世の中の情勢に対して、

その歌が何を伝え、聴き手に届けてくれるかという点が

重要なのではないかと思う。




日本版『We Are The World』のように感じたのはボクだけだろうか。

誰にでも理解ができる簡単な言葉を使いつつ、

薄っぺらくならないように表現するのって本当に難しい。

多分、大事なのって「寄り添う」感覚なんじゃないかな。

もちろん、全員がプロだし、好きなアーティストばかりなのでが、

個人的には、Nissyのパンチ力に脱帽だ。





vol.165 嗚呼、スリランカ、スリランカ。前のページ

vol.167 存在意義の話。次のページ

関連記事

  1. 好きなコト

    vol.523 ジブンバ、セセクロゴタル。

    ここまで熊本人しか理解できない曲があっただろうか。http…

  2. 音楽のコト

    vol.116 何なんw

    久しぶりにガチ選曲のプレイリストを作ろうと比較的新しめの曲を…

  3. 音楽のコト

    vol.203 I’m a sick man

    “韻シスト”という生ヒップホッポバンドが好きで、そのリズム隊…

  4. 音楽のコト

    vol.144 香水

    会社のBGMで流れていて、どうにもこうにも気になってしまった…

  5. 音楽のコト

    vol.719 Can’t Wait ‘Til Christmas

    気づけば、今年も2週間ちょっと。ホント毎日が早くて、やらんと…

  6. 音楽のコト

    vol.363 メリクリ

    やっぱ聴いちゃうよね。ということで、本日はコチラ。…

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

カテゴリー

  1. 音楽のコト

    vol.802 愛の灯
  2. くだらないけど、マジメな話

    VOL.387 切れるとキレる。
  3. 家族のコト

    vol.422 道中、尽きる。
  4. 仕事のコト

    vol.1002 オフラインの男
  5. くだらないけど、マジメな話

    vol.522 目の高さ
PAGE TOP