服のコト

vol.169 勝手にアメトラ。


少しずつモノを減らし出して、改めて気づく。

結局、『定番』と言われるものに落ち着くのだ。


例えば、

セントジェームスのバスクシャツとか、

リーバイスの501とか、

コンバースのオールスターとか、

L.L.Beanのビーンブーツとか。


仕事着にしてもそう。

安物買いしても、すぐにダメになってしまうし、

流行を追えば、時期が過ぎると急にダサくなる。

襟が2枚ついてたり、ボタンホールの縫い糸だけ違う色だったり。


J.PRESSや、Brooks Brothersや、Ralph Laurenが

なぜ長く愛されているかが、ようやく分かった気がする。

すべてが基本の「き」なんだよな。


ということで、

個人的に完全なるアメトラブーム到来中。

というか、今後の人生のおいて

“アイビー”が自分の中でのベースになってだろう。




BARRONS HUNTERというアメリカのベルト 専門メーカーのリボンベルト。

ファッションマナーとして“靴とベルトの色を合わせる”ようにはしているのだが、

スニーカーを履く場合のベルトのチョイスがなかなか難しい。


今年は、アイビールックでジャケパンスタイルに

イタリア軍のスニーカーを合わせようと考えていたので

ネイビーの色を拾いつつ、

全体のバランスにもマッチするドンピシャな逸品。


30mmという少し細めの設定も小慣れた感じでいいな。


こんな話をダラダラとしてみたが、

一体誰が興味持つんかね・・・

改めて、個人ブログのありがたみを感じるわwww





vol.168 BiKE! BiKE! BiKE! 〜買うたで、ネットで〜前のページ

vol.170 カニカマ男とハミガキ女。次のページ

関連記事

  1. 服のコト

    vol.398 シューキーパーのある暮らし

    今年は、これまでできてなかったことをやる一年にしたい。その第…

  2. 服のコト

    なげぇ〜の、ちょ〜だい。

    今年はなんだか、ツバが長めの気分なのです。ツートン具合が、…

  3. 服のコト

    vol.631 田中屋世代

    制服の裏ボタンといえば、「田中屋」な世代だ。なぜ、ボ…

  4. 服のコト

    VOL.972 1日待てば20%

    TSUTAYAのバックナンバーの安売りが熱い。出版社さんには申し訳な…

  5. 服のコト

    つくづく、服バカ

    少し早めに帰宅できたので、諸々のルーティンを終え、ア…

  6. 服のコト

    強い味方

    ここ最近、補正とリメイクを前提に洋服を買うことが多くなった。…

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

カテゴリー

  1. その他

    vol.525 思ってたんと、違う。
  2. 好きなコト

    なんじゃこりゃ
  3. 仕事のコト

    vol.1011 綱渡り
  4. 食べるコト

    vol.915 オヤジの昼メシ 〜 せんだん食堂 〜
  5. 食べるコト

    vol.803 最強組み合わせpart.3
PAGE TOP