音楽のコト

vol.286 花束を君に



歳を重ね、

たくさんの人に会い、

いろんな価値観に触れるたびに

本当に必要なものは何か?という答えが

少しずつ見えてくる。



足し算ではなく、引き算。

そして、削いだ先に見える本当に美しいもの。





あれだけ洋楽ナイズされた楽曲で衝撃のデビューを飾った彼女が、

英語を使わずに歌い上げたときの凄み。



心に余裕がない、こんな時代だからこそ

日本語の美しさを改めて実感する。



言葉は、人を傷つけるためではなく、

寄り添い、支え、救うために使うべきだ。




vol.285 取り扱いに困る。前のページ

vol.287 境目次のページ

関連記事

  1. 音楽のコト

    vol.166 もう一度

    これまでの人生の中で、“音楽”で世界を変えれるかもしれないと…

  2. 音楽のコト

    vol.696 帰り道

    何で、学歴高いヤツってポンコツなんだろう・・・いかんいかん、…

  3. 音楽のコト

    vol.469 テレフォン・ナンバー

    ここ最近、シティポップブームがきているようだが、やっぱこの時…

  4. 音楽のコト

    vol.388 光と影

    おいおい、マジでカッコ良すぎだ。https://w…

  5. 音楽のコト

    vol.171 かごめ

    自然と涙が流れる、そんな歌だ。言葉のインパクトもあるが、…

  6. 音楽のコト

    vol.650 僕に歌える歌があるなら

    久保田利伸、清水翔太、三浦大知、JAY'ED、Jine、CIMBA、…

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

カテゴリー

  1. 仕事のコト

    vol.054 片道32分、企画の旅。
  2. 食べるコト

    vol.119 22時過ぎから何やってんだ、俺は。
  3. くだらないけど、マジメな話

    vol.347 O・MO・I・YA・RI
  4. 服のコト

    vol.782 こりゃ、モテん。
  5. くだらないけど、マジメな話

    vol.032 「牛丼が安い」と、「安い牛丼」は違う。
PAGE TOP