音楽のコト

vol.286 花束を君に



歳を重ね、

たくさんの人に会い、

いろんな価値観に触れるたびに

本当に必要なものは何か?という答えが

少しずつ見えてくる。



足し算ではなく、引き算。

そして、削いだ先に見える本当に美しいもの。





あれだけ洋楽ナイズされた楽曲で衝撃のデビューを飾った彼女が、

英語を使わずに歌い上げたときの凄み。



心に余裕がない、こんな時代だからこそ

日本語の美しさを改めて実感する。



言葉は、人を傷つけるためではなく、

寄り添い、支え、救うために使うべきだ。




vol.285 取り扱いに困る。前のページ

vol.287 境目次のページ

関連記事

  1. 音楽のコト

    vol.479 どこもかしこも駐車場

    他の記事を書いてて、BGM的に再生してみたら、完全にノックア…

  2. 音楽のコト

    vol.388 光と影

    おいおい、マジでカッコ良すぎだ。https://w…

  3. 音楽のコト

    vol.242 Good song

    “心地がよい”それ以外の言葉が見つからない。まさに、…

  4. 音楽のコト

    vol.377 にじ

    最近、シンプルな曲に魅かれる。文字量の多い窮屈なものより、…

  5. 音楽のコト

    vol.363 メリクリ

    やっぱ聴いちゃうよね。ということで、本日はコチラ。…

  6. 音楽のコト

    vol.203 I’m a sick man

    “韻シスト”という生ヒップホッポバンドが好きで、そのリズム隊…

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

カテゴリー

  1. 好きなコト

    vol.30 珈琲は、一杯にして成らず。
  2. 家族のコト

    vol.191 家族時間
  3. 食べるコト

    vol.447 オヤジの昼メシ〜みのや〜
  4. ひと言、物申す

    vol.172 うちはうち、よそはよそ。
  5. 服のコト

    vol.413 腐ってもバイカーなのです。
PAGE TOP