その他

vol.492 一生、忘れないために。



年に一度、

GWのこの時期になると向かう場所がある。



蘇陽。



目的は、大学時代の後輩の墓参り。

後輩と言っても、正直言葉を多く交わした記憶はない。

彼が同じサークルに一年後輩として入部し、

1ヶ月も経たずに起こった出来事だったから。



急性アルコール中毒。



当時の記憶は断片的にだが覚えている。

しかし、事の重大さをしっかりと理解できたのは

恥ずかしながら、ここ最近かもしれない。



平成13年5月1日、彼がこの世を去った次の年から

震災が起こった2016年を除いて毎年お墓に線香をあげに行っている。

結婚しようが、子どもができようが、そんなことは関係ない。

何があっても自分が死ぬまで続けるつもりでいる。

365日のうちの、たった1日。

行きと帰りの数時間くらいは彼のことだけを考えたい。



実は昨年、いつも通りお墓に手を合わせ、

車で帰ろうとすると、男性に声をかけられた。



「もしかして毎年来ていただいてますか?」

「彼の父です。いつも本当にありがとう。」



帰りの車の中で、涙が止まらなかった。

ボク自身、父親という立場になったからこそわかったことがある。

許されたなんて思ってはいない。

ただ、この言葉の重さを、一生忘れてはいけないと思った。

彼が19歳で亡くなって、19年目の出来事だった。



世の中は厳しい状況が続いている。

ここ数日は、個人的にも良くないことが続いていたのだが、

短い時間ではあったが、

彼と話をしたら、少し心が落ち着いた。



起きてしまった過去を変えることはできない。

ただ、そこ過去を無駄にしない未来にしなければならない。



蘇陽の空は、ずいぶん青かったな。

また来年、会いに来ます。



vol.491 大地の恩恵前のページ

vol.493 2本目は、正統派。次のページ

関連記事

  1. その他

    vol.822 現実からの逃避行

    嗚呼、買って早々にやっちまった・・・100%自分が悪いのはわ…

  2. その他

    vol.416 ボクには、インプットが足りない。

    日々の業務に追われていると、どうしてもインプットが疎かになる…

  3. その他

    vol.914 梅雨、あけましておめでとう。

    苗を植え終わったばかりの田んぼは、空の青や、雲の白、…

  4. その他

    vol.646 県境を跨ぐ

    出不精の子どもたちにコロナも重なって、強制的に連れ出さない限…

  5. その他

    vol.139 投函完了

    マスクはよかけん、こっちは早よ来い。…

  6. その他

    vol.565 おいおい

    家に帰ったのはいいが、玄関までが遠い・・・どしゃ降り…

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

カテゴリー

  1. 服のコト

    vol.433 Overalls Ojisan Again
  2. 家族のコト

    vol.871 アメとムチ
  3. バイクのコト

    vol.408 半年の歩み
  4. 服のコト

    vol.020 既製品に自分を合わせるより、自分に既製品を合わせれば良い。
  5. 家族のコト

    vol.766 息子よ、悲しみをこえてゆけ。
PAGE TOP