仕事のコト

VOL.567 良かれと思って、まず動け。



誰かが発した何気ない一言で、

人生を救われることがある。



飛び込み営業はないと聞いて入社した今の会社。

フタを開けてみれば、入社して1ヶ月で飛び込み営業開始www



もともと人見知りが激しく、

初対面の他人と会話をするなんてただの地獄でしかない自分。

スキルに見合わぬゴール設定で

毎日が億劫でしかなたかったある日。



うちの担当だったラジオ局の営業さんからかけられた一言で、

本当に救われた。考え方が大きく変化した。

その日の帰りは、車中で号泣しながら帰ったのを今でも憶えている。


できるかできないかではなく、
やるかやらないかだ。



今となっては、この言葉はボクのなかでの座右の銘となっている。

昨日、その先輩と約10年ぶりに近況をお話しする機会があった。



ラジオ→テレビ局へ転職され、東京で10年。

熊本では経験できない規模感のお仕事の数々をお聞きし、

ただただ唸るばかり。



その凄さというのが、

どのプロジェクトも、スタートがビジネス視点ではないというところ。



「これってこうしたほうがいいですよね」

「この人とこの人を引き合わせたら、絶対化学反応が起こる」



といった、シンプルな発想が起点となって物語がスタートし、

想いが人を繋ぎ、人が人を呼び、最終的に仕事になる。



けっして効率的ではないし、

余白や無駄を嫌う今の世の中からすれば意味のないことかもしれない。

でもねぇ、無駄って無意味じゃないんだよ。



「いかに恥ずかしげもなく人前で夢や理想を語れるか?」



40歳を目前に、こんなことばかりを考えている。

相手にとって、何が必要でどうなりたいのか。

自分の立ち位置を円の中心に置かず、

利己ではなく利他の視点で物事を観察する。



俯瞰したときの「良かれ」ってすごく大事だと思う。

でも、思うばかりでは意味がない。

言葉に出して、行動する。トライがなければエラーはない。

がむしゃらに走ってれば、

自然と仕事なんてついてくるものだ。



10年ぶりに話した先輩の眼差しは、

あの頃と変わらず、“キラキラ”していたし、“ギラギラ”もしていた。

こういう利他的な考えを持った方が

メディア社にいてくださるって、業界にとってもありがたいことだな。



さぁ、悪企みする環境は整ってきたぞ。

あとはしっかりと大きな夢を語って、全力で疾走するのみ。



vol.566 おかえり、SWITCH。前のページ

vol.568 練習あるのみ次のページ

関連記事

  1. 仕事のコト

    vol.636 秋分は、プチゲ●な気分♪

    企画書提出の前日が祝日ってどうやねんと思っていたが、ある意味…

  2. 仕事のコト

    vol.041 濃厚ガッツリ広告の話をしよう。

    ひと回り以上、年が違う諸先輩方にお声掛けいただき、経営者、プ…

  3. 仕事のコト

    vol.374 だから、頑張れる。

    今朝、会社近くのコンビニにいつものように立ち寄ると、新聞コー…

  4. 仕事のコト

    vol.654 One Idea

    “個性を出す”って何かを付け足すことではなくて、削ぎ落として…

  5. 仕事のコト

    vol.321 夢を語って何が悪い?

    今日、お客様から「原田さん、私たちは“世界”を目指してますか…

  6. 仕事のコト

    vol.081 そこに費やした時間と、注いだ情熱は、必ず相手に伝わる。

    最近、仕事をしていてつくづく感じることがある。「これでいい」…

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

カテゴリー

  1. 仕事のコト

    vol.206 第一次ジョブズ化計画。
  2. 仕事のコト

    vol.284 終わったと思うか、始まったと思うか。 
  3. 音楽のコト

    vol.343 Happy X-mas (War Is Over)
  4. 家族のコト

    vol.362 Diorの香水のせいだよ
  5. 食べるコト

    vol.075 オヤジの昼メシ〜らーめん・やすきち〜
PAGE TOP