服のコト

vol.776 漢は黙って、ツータック。



年齢と体型もあって、

ここ数年は細身のパンツというものを履かなくなったのだが

もっぱらマイブームなのが、「ツータック」。



若い頃は、オッサン臭くて絶対穿くわけないと思っていた。

ところが、どうだ。

最近検索するパンツのほとんどがタックの入ったものだ。

仕方ないじゃない、オッサンだもの。



そんな中でも、こだわりがないわけじゃない。

タックにも「インタック」と「アウトタック」があり、

こだわりというのが「インタック」。


アウトタックは外側に開くように見えるので

ワイドに広がって見える印象。

インタックは内側に立ち上がるように折られるので

横に逃げるというより、縦にふっくらする印象。

アウトに比べると、品が良い感じになる。


書きながら、

このネタ、絶対に需要ないなと確信している。

この記事見て、少しでもテンションが上がった人とは

絶対仲良くなれる気がするな。。。笑




vol.775 だいたいそう前のページ

vol.777 7歳児次のページ

関連記事

  1. 服のコト

    vol.221 夫、一線を超える。

    先日、オンデーズに出していた度付きのカラーレンズがようやくは…

  2. 服のコト

    vol.553 やっぱり、ベレー

    まだ髪の毛が潤沢にあった時代から、帽子が結構好きで、…

  3. 服のコト

    vol.610 男は黙って、875。

    高校生の時、初めて買ったレッドウィングがブラウンの875だっ…

  4. 服のコト

    vol.392 男だって、Vゾーン。

    8年前にプランナーに転身してからというもの、スーツを着る機会…

  5. 服のコト

    vol.753 ブーム到来

    結構前からやっていた紺ブレ×軍パンの組み合わせ。ついに“ミリ…

  6. 服のコト

    vol.706 ぜっっったいに、結婚してはいけない男。

    我ながら、自分の性格の細かさというか、こだわりの強さというか、…

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

最近の記事

カテゴリー

  1. 好きなコト

    vol.832 古いものと、生きていくということ。
  2. 好きなコト

    VOL.248 裸の心
  3. 家族のコト

    vol.878 スイカバーの女
  4. くだらないけど、マジメな話

    vol.291 プロなら、プロらしく。
  5. 好きなコト

    vol.417 千里の道も、一歩から。
PAGE TOP