家族のコト

vol.892 106円の大冒険



テレビで放送される「はじめてのおつかい」を観ては

あーだこーだバカにするような発言をする7歳の息子。



数ヶ月前に、だったらやってみようと

電気屋で電球を頼んだら、

店員さんに尋ねることもできず、

のらりくらりの店内を歩き回り、

電球を1つ買うのに40分もかかった。



彼にとって、「おつかい」は少しトラウマになったようだ。



昨日、夕方前に少し時間があったので

近所のコスモスへ行こうと息子を誘う。



父 :「カンタくん、一つお願いがあります。」

息子:「もしかしておつかい?」



父に似て、察する能力が高いwww

ミッションは、夕飯で使う用のもやし1袋とアイスコーヒー。

130円を渡し、店内には一緒に入るが

その後はアドバイスもサポートもしない。



入店前にヒントを一つ。

「野菜売り場は、冷たい飲み物コーナーの隣にあるよ。」



普段、行っていることもあってか、

飲み物コーナーまでは辿り着いたが、

となりの野菜コーナーが目に入らない様子。



もやしを目の前に、

「もやし、ないね」という息子に

「すぐそこのあるやん」と言いたい気持ちをグッとこらえ、

「どこかにあるから、きちんと探してごらん」と返す。



「ちょっと待ってて」と言い、その場を離れる息子。

しばらくすると、店員さんを従えて戻ってきた。

発見したもやしを手に取り、

店員さんに「ありがとうございました」と大きな声でお礼。



自分で探したもやしとアイスコーヒーをレジで支払い、

自慢げな顔でお釣りを手渡す息子に、

「すごいじゃん!よく頑張ったね^^」と親バカ全開w




手を差し伸べるほうが、何倍も楽なのはわかっている。

ただ、こういう社会との接点を

自分の力で一つずつ自分でクリアしていくことが

成長していく上では、自信にもなるし大事なことだと思う。



コスモスの帰りに、

近くのシャトレーゼでティラミス味のチョコバッキーを購入。

「お父さん、今度はシャトレーゼでおつかいしようかな」と息子。

一つの達成感が、次の新しいチャレンジを前向きにする。



甘々なミッションではあるが、

勉強以外のこういうところも鍛えていかなくてはだな。



夕飯に出た、もやし炒めを食べて、

「今日のもやしはいつもより美味しいね」だって^^

お前、可愛すぎだろwww



コスモスの店員さん、

ご丁寧に接客してくださり本当にありがとうございましたm(__)m




vol.891 Alpen Outdoors前のページ

vol.893 頭と口が。。。次のページ

関連記事

  1. 家族のコト

    vol.863 母の居ない、母の日。

    5月8日、母の日。モノよりも一人の時間をプレゼントする方が嬉…

  2. 家族のコト

    vol.390 狂気の沙汰

    家に帰ると、息子の調子が良い。「お父さん、ちょっと待ってて!…

  3. 家族のコト

    vol.003 息子と娘。

    慎重派な息子(5歳)と、怖いもの知らずな娘(2歳)。…

  4. 家族のコト

    勝負に年齢は関係ない

    6歳に完敗・・・そんな日もある。…

  5. 家族のコト

    vol.928 8歳

    7月12日、息子:幹太8歳の誕生日。特に何をするわけでもなか…

  6. 家族のコト

    vol.780 バレンタイン

    家に帰ると、「お父さん、チョコレート作ったよー!」と娘。…

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

  1. 好きなコト

    ボタン王子
  2. 服のコト

    vol.507 いつも心にブラームス。
  3. 食べるコト

    無限ループ
  4. 音楽のコト

    vol.1015 Trickster
  5. 好きなコト

    VOL.675 残したい技術と伝統がある
PAGE TOP