くだらないけど、マジメな話

vol.060 あれってホンモノ?と思われた時点で負け。

昨日、子どもを連れてショッピングモールのゲームセンターの行った時のこと。

隣のコーナーにいた中学生くらいのメンズグループの一人が、

肩からヴィトンらしきモノグラム柄のショルダーバッグをかけていた。


んっ、あれってホンモノか?

こう思われた時点で、それが本物か偽物かという事実はどうでもよくなり、

『コピー品でイキってるダセー奴』というレッテルが貼られる。

これって何が原因かと言われれば、間違いなく本人の持つ『器量』だ。

例えば、

中田英寿が、偽物のヴィトンを持っていたとしても本物に見えるだろうし、

金持ちの中学生が本物のヴィトンを持っていてもコピー品に見えるだろう。

要は、それに見合うだけの『器』を持ち合わせているか否か。

コピー品とわかって購入したり、それを自慢したりするヤツは論外だが、

背伸びしてハイブランドのものを身につけたところで

それが本人と不釣り合いだったり、偽物に見えてしまうということは

はっきり言って、それを身に着けるレベルに達してないということだろう。

言わずと知れたジェーン・バーキン氏。

日常使いされているであろう、少しくたびれたエルメスの“バーキン”がカッコ良すぎる。

写真を見ればわかる通り、主役は“バッグ”ではなく、“本人”なのだ。

現時点で、自分には不釣り合いのハイブランドに興味はないが、

こういう自然体で抜け感のある大人になれるよう、

歳を重ねていきたいと思う。

vol.059 愛すべき名店シリーズ 〜ミドリネコ舎〜前のページ

vol.061 歴史を、飾ろう。次のページ

関連記事

  1. くだらないけど、マジメな話

    vol.037 目で見る美味さは器から。

    例えばインスタントラーメンでも、玉子や海苔などちょっとした具…

  2. くだらないけど、マジメな話

    vol.188 ピンチの時こそ、笑え。

    「ピンチはチャンス」とはよく言ったもんで、窮地に立たされた時…

  3. くだらないけど、マジメな話

    VOL.133 キミには、どう見える?

    広告コピーの勉強をして、最も学んだのが、「物事をいろんな角度…

  4. くだらないけど、マジメな話

    VOL.387 切れるとキレる。

    調味料がなくなるのが一番嫌いだ。我が家では、顆粒のコ…

  5. くだらないけど、マジメな話

    vol.657 慮る

    仕事だろうが、プライベートだろうが、長く付き合える相手かどう…

  6. くだらないけど、マジメな話

    vol.823 デンゼルの教え

    巷でニュースになっているアカデミー賞。事実がどうとか、真実が…

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の記事

カテゴリー

  1. 食べるコト

    VOL.724 好みのネタが合わなすぎる。
  2. 家族のコト

    vol.841 そこまでして。。。
  3. 服のコト

    vol.765 完敗
  4. DAD COOK

    vol.499 チチガツクル・ザ・ホルモン
  5. 好きなコト

    vol.458 長い間、お世話になりました。
PAGE TOP