くだらないけど、マジメな話

vol.060 あれってホンモノ?と思われた時点で負け。

昨日、子どもを連れてショッピングモールのゲームセンターの行った時のこと。

隣のコーナーにいた中学生くらいのメンズグループの一人が、

肩からヴィトンらしきモノグラム柄のショルダーバッグをかけていた。


んっ、あれってホンモノか?

こう思われた時点で、それが本物か偽物かという事実はどうでもよくなり、

『コピー品でイキってるダセー奴』というレッテルが貼られる。

これって何が原因かと言われれば、間違いなく本人の持つ『器量』だ。

例えば、

中田英寿が、偽物のヴィトンを持っていたとしても本物に見えるだろうし、

金持ちの中学生が本物のヴィトンを持っていてもコピー品に見えるだろう。

要は、それに見合うだけの『器』を持ち合わせているか否か。

コピー品とわかって購入したり、それを自慢したりするヤツは論外だが、

背伸びしてハイブランドのものを身につけたところで

それが本人と不釣り合いだったり、偽物に見えてしまうということは

はっきり言って、それを身に着けるレベルに達してないということだろう。

言わずと知れたジェーン・バーキン氏。

日常使いされているであろう、少しくたびれたエルメスの“バーキン”がカッコ良すぎる。

写真を見ればわかる通り、主役は“バッグ”ではなく、“本人”なのだ。

現時点で、自分には不釣り合いのハイブランドに興味はないが、

こういう自然体で抜け感のある大人になれるよう、

歳を重ねていきたいと思う。

vol.059 愛すべき名店シリーズ 〜ミドリネコ舎〜前のページ

vol.061 歴史を、飾ろう。次のページ

関連記事

  1. くだらないけど、マジメな話

    vol.350 思ってたんと、違う。

    今日は、生まれて初めてあさぎり町で撮影の仕事。町名の通り、1…

  2. くだらないけど、マジメな話

    vol.466 殺し文句に、殺される。

    少しずつ春らしい気候になってきて、4月からソックスを夏仕様に…

  3. くだらないけど、マジメな話

    vol.311 人間を、全うせよ。

    “不便”がない時代。ハイテクな機器を使いこなせば、生活はどん…

  4. くだらないけど、マジメな話

    vol.454 旨みがない?

    仕事で街に出たときのこと。無印良品に用があって、久しぶりにC…

  5. くだらないけど、マジメな話

    vol.633 良いサービスとは?

    少し前から、よく行っていた飲食店のサービスに違和感を感じるよ…

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の記事

カテゴリー

  1. DAD COOK

    vol.266 いないジョ、アヒージョ。
  2. DAD COOK

    vol.122 DAD COOK 〜カレストローネを拵えてみた〜
  3. 食べるコト

    vol.283 いただいたカレーを、いただく。
  4. 食べるコト

    vol.091 オヤジの昼メシ〜馬力屋〜
  5. 家族のコト

    vol.486 今朝の二人
PAGE TOP