その他

vol.125 馴染みの味


親に感謝してることの一つに「味覚」がある。

何を食べても美味しいという、いわゆる「バカ舌」も幸せなことではある。

しかし、親になって改めて

“素材の味”や、“旬の美味しさ”を舌に記憶させることは、

しつけと同じくらい大事なことだと思うようになった。

家を出て、それまで気にしてなかった馴染みの味があることに気づく。

それが最も出たのが「醤油」。

普段、どこにでもある市販品を買ってもどうも違和感があり

母親に尋ねてみると、一部のスーパーでしか取り扱いがないものだった。

高価なものではなく、あくまで馴染みがあるかどうか。

子どもの味覚とは、親が育てるものなんだな。

それにしても・・・何をもって「上級」なのかが気になるわ。




vol.124 おパパごと。前のページ

vol.126 父親になったら、息子と一番にやりたいこと。次のページ

関連記事

  1. その他

    vol.630 復活

    昨日の惨劇から一夜。会社帰りに部材を購入し、夕食後に速攻DI…

  2. その他

    vol.150 Why?

    愛用していたBluetoothのイヤホンがやたらと充電が切れるので、…

  3. その他

    vol.583 俗に言う・・・

    かかりつけと一般接種のタイミングを逸して、昨日、ようやく1回…

  4. その他

    vol.287 境目

    昼間はクライアントの動画編集。帰ったら、自分のYouTube…

  5. その他

    vol.107 田舎も、えぇよ。

    昨日も書いた通り、熊本市の町外れ(際)に住んでいる。…

  6. その他

    vol.592 カレー、ウ●コ、カレー

    20年来の知人からの仕事の依頼を受け、打ち合わせのため市役所…

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

  1. くだらないけど、マジメな話

    vol.188 ピンチの時こそ、笑え。
  2. 家族のコト

    vol.292 やる気のない男、やる気しかない女。
  3. 好きなコト

    vol.653 ジュウジュウの日
  4. その他

    vol.505 晩酌、はじめました。
  5. バイクのコト

    vol.656 悪くないな
PAGE TOP