その他

vol.125 馴染みの味


親に感謝してることの一つに「味覚」がある。

何を食べても美味しいという、いわゆる「バカ舌」も幸せなことではある。

しかし、親になって改めて

“素材の味”や、“旬の美味しさ”を舌に記憶させることは、

しつけと同じくらい大事なことだと思うようになった。

家を出て、それまで気にしてなかった馴染みの味があることに気づく。

それが最も出たのが「醤油」。

普段、どこにでもある市販品を買ってもどうも違和感があり

母親に尋ねてみると、一部のスーパーでしか取り扱いがないものだった。

高価なものではなく、あくまで馴染みがあるかどうか。

子どもの味覚とは、親が育てるものなんだな。

それにしても・・・何をもって「上級」なのかが気になるわ。




vol.124 おパパごと。前のページ

vol.126 父親になったら、息子と一番にやりたいこと。次のページ

関連記事

  1. その他

    vol.301 こんな日も、あるさ。

    会食から帰り、リビングのドアを開けて驚愕。家族の姿はない。…

  2. その他

    vol.533 求愛のダンス

    ニジマスを釣りに行った日の夕方、実はもう1箇所、この時期の風…

  3. その他

    vol.190 冷静に。

    朝起きて、テレビから流れる大好きなお店があった通り、…

  4. その他

    vol.488  数年ぶりに・・・

    家で晩酌。ほろよいで泥酔・・・今日の日はさようなら(…

  5. その他

    vol.448 こりゃもう、晒すよね。

    広告代理店勤務、プランナー兼コピーライター。クリエイティブ事…

  6. その他

    vol.104 なぜ、今まで手を出さなかったんだ。

    動画の編集を始めてからというものの、一つ一つの容量が大きくて…

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

  1. 服のコト

    vol.507 いつも心にブラームス。
  2. 好きなコト

    vol.151 外遊びレベルUP
  3. 家族のコト

    vol.138 本日は、晴天なり。
  4. ひと言、物申す

    vol.339 プランナー、母校に帰る。
  5. 音楽のコト

    vol.399 おなじ話
PAGE TOP