服のコト

vol.145 プラマイゼロのスノーピーク


少し前から、ヤフオクに着なくなった服を出品していて、

数点落札いただき、少しばかりのお金を手にした。


年齢や、ライフスタイルの変化によって

お気に入りだったはずの服たちも、使用頻度がなくなっていく。

よほどなことがない限り、この年で価値観が急変することはないと思うので

感謝をしつつ、必要な人にリユースしてもらう。


ただ、物は減らす傾向にあるが、

ミニマリストなわけではないので好きなものがあれば買うし、

洋服好きは、1型糖尿病と同じく一生治らないボクの持病だw


リサイクルショップで前から欲しかったもの探しに出向き、

ふとアウトドアコーナーで目に止まったのがコレ。


snow peakの変態ベストwww

帰って調べてみたら、『JUDO APRON』という“エプロン”だったようだ。

生地がコットン生地なので、詳細は不明。


こちらが、後ろ姿。

とにかく、唯一無二感が強く、超絶使い勝手の悪そうなデザイン。

着た感じも、“トリッキーなエプロン”だ。


35歳を超えたくらいから、

万人受けする商品よりも、乗りこなすのが難しい暴れ馬の方が気になってしまう。

間違いなく、平野紫耀よりも荒川良々の方が好きなのだ。



これから、外で遊ぶ機会も増えていくだろうし、

BBQをする際にも、本来のエプロンとして使える。

ヴィンテージのワッペンをつけるか、ステンシルで遊ぶか。

せっかくなら自分用にアレンジして、もっと愛でたいと思う。




vol.144 香水前のページ

vol.146 15%次のページ

関連記事

  1. 服のコト

    vol.715 標準が合わない男

    モノを永く所持していく上で、定期的なメンテナンスは最低限のマ…

  2. 服のコト

    vol.631 田中屋世代

    制服の裏ボタンといえば、「田中屋」な世代だ。なぜ、ボ…

  3. 服のコト

    vol.442 息子に完敗

    自分用に買ったキャップ。昨年のモデルだが、デザインがかなりカ…

  4. 服のコト

    vol.556 ブランドに溺れる

    日頃のストレスは、買い物で発散するタイプだ。深夜にオークショ…

  5. 服のコト

    vol.731 息子オサレ化計画 vol.001

    気づけば息子も7歳。そろそろカッコつけても良い歳ではないか?…

  6. 服のコト

    vol.507 いつも心にブラームス。

    久しぶりにセレクトショップで洋服を購入した。と言っても、ネッ…

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

カテゴリー

  1. 食べるコト

    vol.468 オヤジの昼メシ 〜川尻蔵前うどん ぬま田〜
  2. 好きなコト

    vol.476 有終の美
  3. くだらないけど、マジメな話

    vol.452 男前田のクラッカー
  4. 服のコト

    vol.553 やっぱり、ベレー
  5. 家族のコト

    vol.023 教えてなくても、覚えちゃうのね。
PAGE TOP