好きなコト

vol.326 器が、好きなのです。



蚤の市の翌日に訪れた、

行きつけのリサイクルショップで改めて実感する。

自分の“目利き”を育ててくれるお店こそ、

本当に良いお店だと思う。




見た瞬間、一目惚れした8寸ほどの平皿。

土の手触りと、月っぽい感じがツボすぎた。




熊本の県北でつくられる「小代焼」の印。

やちむん、小鹿田、小石原、小代はなんとなくわかるようになってきた。

8寸サイズの小代焼、一枚800円也。

安すぎて、気絶するとこだったwww





vol.325 麺テロに、屈す。前のページ

vol.327 たった一言、変わるだけで。次のページ

関連記事

  1. 好きなコト

    vol.493 2本目は、正統派。

    明日、家族でBBQすることになり、近くのスポーツショップでス…

  2. 好きなコト

    vol.087 ただただ欲しい時計を並べてみた。 

    高級時計に全くといってよいほど興味がない。一点豪華主義みたい…

  3. 好きなコト

    vol.257 第1回N1グランプリ

    我が家だけなのか、他のお宅もなのかが非常に気になる、“寝相”…

  4. 好きなコト

    vol.022 シーズンオフ!?の二の丸は意外とオススメ。

    博物館で息子が好きそうなイベントがあっているとのことで、マッ…

  5. 好きなコト

    vol.047 乙女な河原で、石をつむ。

    いきなり、嫁から「石を拾いにいきたい」というリクエストがきた。…

  6. 好きなコト

    vol.458 長い間、お世話になりました。

    春は別れの季節。突然、それはやってきた。20…

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

カテゴリー

  1. 食べるコト

    vol.497 オヤジの昼メシ 〜ふるさと食堂〜
  2. 好きなコト

    vol.30 珈琲は、一杯にして成らず。
  3. 家族のコト

    vol.267 おかえりのブルース。
  4. 好きなコト

    vol.251 念願の・・・
  5. 好きなコト

    vol.123 蘊蓄を語るより、感性を磨け。
PAGE TOP