音楽のコト

VOL.953 真夏のメリークリスマス



初めての熊本城ホール、初めての生・山下達郎。

ボクの人生の中でも、

忘れられない一日となった。




3年前の柿落としの時は抽選にハズれて悔しい思いをした。

今年は、そこまで期待せずにエントリーをしていたが、

発表当日、届いた当選のメールに狂喜乱舞。




ソウル、ファンク、ドゥーワップ、シティーポップetc…

邦楽で歴史を辿れば、必ず辿り着くのが達郎さんだ。

「人生でいつかは生で聴いてみたい」

そんなボクの夢がついに昨日叶った。


チケットに加えて、

顔写真付きの身分証明書で本人確認が行われるせいか、

17時過ぎに到着したらすでに長蛇の列。

毎回思うのだが、自由席でもないのだから

わざわざ列になって密を作り出す必要があるんだろうか???



今回は、一人でチケットは取ったが

共通の音楽が好きな友人:ゆみさんと会場で合流。

カリフラワーズのライブで初めてお会いした時は

まだ20代と30代。

気づけば40代と50代になってると談笑しながら受付を待つ。

直接お会いしたのは5年以上ぶりだったけど、

好きなものが共通だとそんなブランクはまったく感じないもんだな^^




エスカレーター長っ!!




ラジオなど音声メディア以外で見かけることがない達郎さん。

「本当に実在するのかな?」

ライブを前にそんなおバカな妄想を抱いたりしてみるwww



館内で流れる、開演前のBGMも完全にツボ。

古き良きアメリカの街並みを思わせる舞台セットのカッコいいこと。

周りを見渡すと、若い時からのファンであろう

音楽にうるさそうな紳士・淑女がわんさかで

ワクワク感と緊張感が入り混じる。


一曲目、ご挨拶がてらといった感じで「sparkle」からスタート。

コロナに感染されて以来、4公演が延期となり

復帰一発目が熊本公演。

なんとなく探り探りな感じがしたのだが、

2曲目の「甘く危険な香り」からはアクセル全開。


いやぁ、表現が難しいけど、

「寸分違わず山下達郎だった」というのが正直な感想。

バックのサポートメンバーも含めて、圧倒的に上手い。


やっぱ達郎さんの曲は、

できれば座って静かにではなく、立って踊り狂いたい。


ドゥーワップのカヴァーから、Joy to the World、

そしてクリスマス・イブの流れは完全にやられた^^

真夏に聴く極上のクリスマスソング・・・マジで最高。


誰もが知っている名曲から

君は天然色、ハイティーン・ブギのカヴァーまで。

一切の出し惜しみがなく、あっという間の3時間。



MCの端々にも、チャーミングな一面があって

アーティストというより、

人間として愛されているんだなぁと実感した。



今年で69歳、まさにレジェンド。



“カッコいい大人”って

こういう人のことを言うんだろうな^^







vol.952 強いデザイン前のページ

vol.954 あの頃好きだった、あの子。次のページ

関連記事

  1. 音楽のコト

    vol.779 横浜ホンキートンク ブルース

    また、怒ってしまったなぁ〜。子どもは周りの環境によって、良くも悪くも…

  2. 音楽のコト

    vol.217 痛いよ

    初めて彼の曲を聴いたとき、ハンパない天才が出てきたと思った。…

  3. 音楽のコト

    vol.595 LIFE IS GOOD

    少し前に知った、Hiplinというアーティスト。ウィスパー系…

  4. 音楽のコト

    vol.171 かごめ

    自然と涙が流れる、そんな歌だ。言葉のインパクトもあるが、…

  5. 音楽のコト

    vol.196 Dopenessな鎮座

    フリースタイルダンジョンのようなバチバチなバトルももちろん好…

  6. 音楽のコト

    vol.601 VF Live:DJ Mihoko

    25歳の時、当時付き合っていたタ●クマの彼女と別れて(笑)、…

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

カテゴリー

  1. 好きなコト

    vol.375 オヤジの昼メシ〜らーめん陽向〜
  2. くだらないけど、マジメな話

    vol.182 家路に着くまでの、幸せな時間。
  3. 家族のコト

    vol.912 プール開きました。
  4. 先人の教え

    vol.272 先人の教え〜フィリップ・マーロウ〜
  5. その他

    vol.771 大人の世界
PAGE TOP